大阪慶友会とは

慶友会とは、全国各地に存在する慶應義塾大学通信教育課程の在学生が、学生間の学習上の啓発を目的として自主的に結成している学生団体で、北は北海道から南は鹿児島まで、現在その数は50団体以上に及んでいます。詳しくは以下のページをご覧ください。
» 慶應義塾大学通信教育課程 > 慶友会

大阪慶友会は昭和24年に設立し、現在は、大阪・奈良・和歌山・京都及び近隣地域の通信教育学生が自主的に結成している団体で、 学生間の学習上の啓発を目的としています。 入会は地域・国籍を問わず、随時行っております。

大阪慶友会会則

大阪慶友会会則は、大阪慶友会会則 pdf版をダウンロードしてください。なお会則は、年次総会や役員会の手続きにより、予告なく変更されることがあります。

会長就任ご挨拶

会員の皆さまには、日頃より大阪慶友会への参加やご協力を賜り、ありがとうございます。前期に引き続き第69期大阪慶友会の会長を務めます文学部二類の尾崎照央です。

福澤先生が塾を設立した精神の指針といわれている「半学半教」を、どれだけ実践できていたのだろうか。昨期は、そういったことを考えつつ会務に取り組んでいました。慶友会として、そうした精神を持って取り組んでいくことは学生間の交流のきっかけをもたらすと同時に、学習の深化にも繋がります。定例会、講師派遣、勉強会といった行事を、学生間や教授陣との交流の機会としてだけなく、学び、また教えるという実践のできる場としてもっと活用できれば、そう思いました。

そこで、今期は関西圏において慶應通信生の集いの場となるべく、”ともに学び、ともに教える”活動を目指します。定例会、講師派遣の慶友会活動を行ってゆく中で生まれる慶應通信生同士の交流。それは「半学半教」の精神を実現するとともに、通信制大学で学ぶという孤独で険しい道を歩んでゆくにあたっての心強い味方となるでしょう。また、そうしたサイクルを絶やすことのないよう、次の慶應通信生につなぐための円滑な組織づくりにも着手します。

これからも、慶友会を皆さんと一緒に活用的に運営していけるよう、力を尽くす所存です。この一年も、ご支援、ご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

                            平成30年4月吉日

第69期大阪慶友会会長

尾崎 照央

役員のご紹介

会 長 尾崎照央 ※継続

副会長 川口祐子(講師派遣・懇親会担当) ※継続

副会長 安田周平(会報担当)

副会長 萩野和久(情報担当)

副会長 山中純(HP運営) ※継続

副会長 竹田敦子(登録・名簿担当)

会計  松浦宏明 ※継続

会計監査 淀川富士子 ※前相談役

相談役 酒井尚子 ※前副会長

相談役 吉川美佐 ※前副会長

ログイン







» 新規登録
» パスワード再設定