大阪慶友会とは

慶友会とは、全国各地に存在する慶應義塾大学通信教育課程の在学生が、学生間の学習上の啓発を目的として自主的に結成している学生団体で、北は北海道から南は鹿児島まで、現在その数は約60団体に及んでいます。詳しくは以下のページをご覧ください。
» 慶應義塾大学通信教育課程 > 慶友会

大阪慶友会は昭和24年に設立し、現在は、大阪・奈良・和歌山・京都及び近隣地域の通信教育学生が自主的に結成している団体で、 学生間の学習上の啓発を目的としています。 入会は地域・国籍を問わず、随時行っております。

大阪慶友会会則

大阪慶友会会則は、大阪慶友会会則 pdf版をダウンロードしてください。なお会則は、年次総会や役員会の手続きにより、予告なく変更されることがあります。

会長就任ご挨拶

67期定例会において会長に就任しました、文学部三類に所属する淀川富士子です。これまで、副会長や相談役として慶友会活動に参加してまいりましたが、今期は、会長として慶友会活動に従事してまいります。

大阪慶友会は、全国の慶友会の中でも歴史のある会です。その名に恥じないように、責任とプライドを持って学生生活をサポートできればと思います。

今期の大阪慶友会のテーマは、「コミュニケーション」と「半学半教」。副会長が5名体制となり、会計、相談役、会計監査と総勢11名の執行部が互いに協力し、慶友会会員とのコミュニケーションを大切に、塾生全員参加を目指します。それは、「半学半教」の精神にもつながり、福澤先生の創設した慶應義塾大学の塾生の姿だと思います。

昨年、卒業目前まできて急逝された大角政子さんは、これまで多くの塾生を励まし、勇気を与えてくれていました。分け隔てのないその姿を胸に、全員で卒業をする、という目標を再認識しております。

明るく元気な大阪慶友会らしく、67期を盛り上げてまいりますので、皆様のご支援、ご指導の程よろしくお願いいたします。

                            平成28年4月吉日

第67期大阪慶友会会長

淀川 富士子

役員のご紹介

会 長 淀川富士子

副会長 小倉秀治(継続・講師派遣、懇親会担当)※継続

副会長 岩崎桜(会報担当)

副会長 尾崎照央(情報担当)

副会長 山中純(HP運営)

副会長 酒井尚子(登録・名簿担当)

会計  松浦宏明 ※継続

会計監査 田中治子 ※継続

会計監査 塩野佳代 ※継続

相談役  新井泰雄 ※継続

相談役  谷美千代 ※前会長

ログイン







» 新規登録
» パスワード再設定