ログイン

ログイン

osakakeiyukai@twitter

本の検索

楽天ブックスで探す

 2021年10月27日(水) 12:36 JST


 掲示板目次 >  雑談 > みんなで書こう掲示板 新規トピック 返信
 【講演会のご案内】池田龍雄「箱の中で・・・・・・ア」
 
藤澤顕子
 2014年1月 5日 00:58 JST (参照数 2804回)  
+----
Newbie

状態: オフライン


登録日: 2012年11月18日
投稿数: 2
みなさん
文学部1類の藤澤顕子です。
卒論にも書こうと思っている講演会を企画しましたので、
お知らせさせてください。
戦後美術の重要人物・池田龍雄先生が大阪で語ります。
「芸術アヴァンギャルド」「戦争を語り継ぐ」ということについて
とても貴重なおはなし(機会)だと思いますので、
ご興味とお時間がありましたら、ぜひご参加お待ちしています。
よろしくお願いいたします。
==================
池田龍雄「箱の中で・・・・・・ア」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2014年 1月11日(土曜日)
開場:16:30 開演:17:00(17:00-20:00 予定)
【17:00-19:00 講演(「梵天」一部上映予定)】
【19:00-作家を囲んでの懇親会】

会場:梅田NOON + CAFE
http://noon-cafe.com/

(大阪市北区中崎西3-3-8 JR京都線高架下)
会費:2,000円 (1ドリンク付、軽食あり)
定員:50名程度

問合せ&予約:(事前メール予約優先)
afs.klr@gmail.com

ホームページはないので、facebookでイベントを作成しました↓
https://www.facebook.com/events/231010987073566/

------
[ 池田龍雄略歴 ]
1928年、佐賀県生まれ。
特別攻撃隊員として敗戦を迎えた後、教師を志すも師範学校を追放され、既成の権威や秩序に縛られない自由な表現世界に生きることを決意し、1948年多摩造形芸術専門学校(現多摩美術大学)に入学。
まもなく岡本太郎、花田清輝、安部公房、埴谷雄高らと親交を深め、1950年代には社会問題への関心から絵画によるルポルタージュの可能性を探った作品を次々と発表。85歳に至る今日まで、絵画・写真・演劇・映画など多様なジャンルと深く交わりながら、前衛芸術家として活動し続けている。東京都在住。

「箱の中で・・・・・・ア」
世界は幾重にも閉ざされている。箱の中の箱だ。
絵とは、そこに開ける窓のようなものではなかろうか。
わたしはいつも「絵とは何か」ということを考えている。
しかし答えは得られない。
道元は彼の時間論『有時』の中で、「山も時なり、海も時なり」とか「松も時なり、竹も時なり」と言う。
確かにそのとおりだから、道元の筆法にならえば「絵も時なり」と言えるだろう。
思えば、絵を描き続けたわたしの65年は、それ自体が一幅の絵だ。
              池田龍雄
==================

 
プロファイル メール
 引用
内容生成: 0.19 秒
新規トピック 返信


通常 通常
注目トピック 注目トピック
ロック済 ロック済
新着 新着
注目トピック 新着 注目トピック 新着
ロック済トピック 新着 ロック済トピック 新着
ゲストユーザの投稿を見る 
ゲストユーザ投稿可能 
一部のHTMLを許可 
バッドワードをチェック 

SNS